メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

江戸切子と薩摩切子の違いってなんですか?

江戸切子と薩摩切子の違いを本当に良く聞かれるのですが・・・。

NHK大河が幕末だと、

ほんとうにタイトルの質問多くなります。

今回も西郷隆盛主役だから、
頻繁に聞かれますが、

有田焼の方も九谷焼との違いってなんですか?
とか
京都の方も
京友禅と加賀友禅の違いってなんですか?
とか、
みなさん聞かれているんですかね~。

一言でいえば、場所。
場所が違えば、表現も異なってくるってことで、できあがる作風は異なってきます。

たぶん、上記の伝統工芸も同じだと思うんですよ。

藩が異なれば、考え方も歴史も立場も異なるから、
作風が違ってきたはずで、

関西のうどんと、関東のうどんみたいなものです。
しょうゆベースか出汁ベースか。

歴史とつながっているものは、必ず場所により違いがでてきます。

違うから面白い。
どちらが優れているではなく、そのように思えるのが、
工芸を楽しむ秘訣だと思っています。
(人間関係もそうですよね。違うから広がる)