メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子~海外の方への江戸切子の選び方講座その1~

 日本文化を海外の方へ贈ろう!

ということになり、

 

さて、江戸切子にしよう!

となったときに

 

「何を選べばよいのだろう?」

とまずは考えられるかと思います。

 

江戸切子マスターとしてはここは頑張りどころということで、
「海外の方への江戸切子の選び方講座」を担当させていただきます。

店舗では

まず

「どちらの国の方にですか」と聞かせていただいてます。

 

これは国を決めることで

色を決めるという流れです。

 

今までのKIRIKOのデータとしては

 

アジア = 赤

ヨーロッパ = 青

 

が好まれる傾向にあるこがわかっています。
アジアの空気には赤が似合います。
ヨーロッパは青はロイヤルブルーということで誠実な色とされています。

 

その国の

 

国旗の色

 

を選んだとお話しをするととても喜ばれる

 

という結果があります。

 

例えば、韓国の方にペアでだったら

陰陽を表す 赤と青にし、そのお話しをしたら

非常に尊敬された贈り物となったなど。

 

ブラジルの方に緑色と琥珀色のグラデーションのグラスを差し上げたら

自分の国の色を選んでくれたということで

有能な人として歓待を受けたこと。

 

江戸切子を選ぶときに

 

海外の方には色の選択というのが非常に大事なポイントです。

 

まずは色。

 

米つなぎワイングラス
(サミットのときには赤と青のペアでした。ペアになると赤と青が非常に多いです)