メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子 へえ、この商品がよく売れているんだ~!

0904somosomo2

ここで問題!華硝で一番売れている商品はなにか?

 

答えは

 

ぐい呑みです。

 

すごい売れ方です!!

なんと、売れた商品の50%が「ぐい呑み」です。

 

では、なぜ、ぐい呑みがそんなに売れるのか?

 

KIRIKOの分析ですが

 

「小さい」

が一つのキーワードではないか!

と考えています。

 

 小さい・・・つまり、

手にすっぽり入る。

 

カットの感触が手にすべて伝わる。

 

感触の良さが心に伝わる。

 

触覚的な理由が一つ。

 

 小さい・・・繊細なカットがより繊細に見える。

 

小さな世界観をすべて眺められる。

 

視覚による理由がもう一つ。

 

用途も

日本酒用だけでなく

「お酒を飲めないけれども愛でたいから」

「海外の贈り物には小さくて美しいものをあげたいから」

「これを窓辺に飾りインテリアにする」

などなど。

 飲むだけでなく

 見るも選ばれる理由の一つです。

 

 確かにKIRIKOもこんな感じで使ってますし、

0904somosomo1

 小さいものは心を豊かにしますよね。

 

 触れる。見る。

 心が癒されます。