メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子~江戸切子と触覚の関連性~

ガラスのデザインでも触覚のことに触れていますが

 

キリコの今のテーマも

 

触覚

 

です。

 

海外のカットグラスには

ぐい呑みは

やはりあまりラインナップにはなく

 

ワイングラス

オールドグラスが多いので

 

手で包み込む触覚

 

をして味わうことが少なくなります。

 

ぐい呑みという形は

小さいから

 

手全体でカットの感触を知ることができます。

 

紋様によって感触ガラス全く異なります。

見た目も大事ですが

触覚です作品を選ぶことも

オススメです。

 

ちょうど

すぐやる(菅原洋平著)

という本に

 

触覚について

書いていました。

 

能動的な触覚

自分が触りにいっているという感覚は

豊富な情報を脳に届けることができる

 

感覚への意識が変われば豊富な感覚になる

 

触覚は脳の活性化につながる

ということになると。

 

毎日ぐい呑みを触れて楽しむと

心だけでなく頭にも刺激があるということですね

 

視覚触覚を楽しめるのが江戸切子にぐい呑みです

0910somo
手で紋様に触れると癒されます
紋様によって異なる感覚があります