メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

純米酒に似合う江戸切子のかたち

飲み比べするときはこんな感じです。

1007somosomo

 

いくつか違う形を並べて

1つずつ飲む。

味がぜんぜん違うんですよね。

 

今回は純米酒に似合う形。

ズバリこれです。

1007somosomo2

 

 

大き目の広い器のもの。

ぴったりです。

ほぼ純米酒のどれもおいしく味わえます。

 

形がつまっているものよりも

大きく開いて、

盃のように飲む。

 

昔は盃で酒を飲んでいたという理由がよくわかります。

 

つまり、

米の味は盃の形に合う。