メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子~日本酒文化を楽しむためにあるといいなと思う片口酒器~

むかしは

銚子や徳利にお酒をいれて

 

そのあとに

おちょこやさかずきに注いだのが

 

日本酒文化で

御燗のお酒が主だった江戸のころには

 

温めるのに

銚子や徳利といった器が必要だったので

 

日本酒=徳利や銚子が必要

 

だったようです。

 

今は冷酒の味レベルがかなり高いということや

瓶も凝っているということで

瓶から直截、日本酒を注ぐ機会が多いので

 

そのような道具がなくても

日本酒を楽しめますが

 

もう一つ、

お酒(でも御燗でもいけます)を楽しむ道具として

 

片口酒器

 

があります。

今のところはこのような形のものだけですが

1013somosomo

これがあるだけで

 

お酒文化に高級感がでます。

オリジナルも開発中ですワンランク上の酒文化を楽しむためのアイテムとしてぜひ!