メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子~日本橋べったら市に参加前の心意気~

江戸切子の店華硝 日本橋店ができてから明日で4か月がたちました。

19日、20日には「べったら市」に初参加。

江戸の祭りに参加できる高揚感でKIRIKOをはじめスタッフ一同テンションあがってます。
(べったら市の由来についてはにいたか屋さんのHPに詳しくありました。なるほどなるほど・・・縁起物なんですね)

 

日本橋店に来ると

日本橋という土地の空気感を強く感じます。

なんだろう?

 

澄んだ空気というか、

伝統的なあたたかさというか、

江戸というエリアで生きてきた人たちの活力を感じ取り

江戸文化に触れたい!と思う

 

磁場の力

 

を感じます。

 

そんなときに

徳川家康が江戸をつくったときに

霊性を大事にしたという話を聞き、

 

やはり、日本橋には江戸の心が漂う町なのだと実感しました。

 

毎日、お店に来ると

加賀屋久兵衛(江戸切子の創始者)に守られている気持ちになります。

 

べったら市の日は

江戸のお酒(小山酒造)と江戸切子の特別品の販売を行います。

 

ぜひお立ち寄りくださいませ。
1016somosomo