メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子とは~紋様はどこから生み出されるのか?~

今回のそもそもは

紋様の発想について考えてみたいと思います。

最近新登場した

「合わせ」は
米つなぎと麻の葉つなぎの2種類を

2つ合わせたデザインとなっています。

よく見ると

合わせの部分に
繋ぎ目がありません。

紋様が連続したものとなっています。

これがなぜ可能かというと

米つなぎと
麻の葉つなぎは

同じカットの技法を用いているからです。

華硝の最高技術は
「米つなぎ」ですが

実は技の習得の前に

麻の葉つなぎを
先に学びます。
これができないと、次に米つなぎには進めません。

そのため、2つの技法だからこそ
合わせた作品が可能なのです。

つまり、
江戸切子のデザインというのは

技術から発想したものであり、
その発想のためには技術が必ず必要

ということになります。