メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子~ガラスの紋様の特性とは~

華硝では
紋様の意味を伝えるツールを用意しております。

たとえば
矢来(やらい)。

江戸切子の代表的な紋様ですが

矢来には
鋭い矢が「魔を射る」ことから邪気をはらうという意味があり、大切な方への贈り物におすすめです

と書いてあります。
英語バージョンもあります。

紋様をよく見ていると

グラインダーという道具(カットする)が直線をひく道具であることから

江戸切子の紋様には直線が多い

麻の葉や籠目(かごめ)など

着物の柄と同じものが多い

など、発見があります。

江戸切子は
各紋様の組み合わせから成り立つのですが

ガラスをカットしたことによる紋様

という独自性を持っています。

紙でペンで書いたもの
PCで制作したもの

ではなく、
ガラスという硬質の素材にカットしたことによって生まれる
硬さのある紋様である

と私は思っております。

素材から生まれたデザインとしては
たとえば
ルイヴィトンのモノグラムなども、
皮から生まれたデザインに感じます。

皮という動物性のものは
柔らかく、いつも違う表情を見せ、使えば使うほど雰囲気が変わり、
また光の加減でも美しさが異なります。

その柔軟性のある素材に、シンプルなデザインを繰り返し、
皮の動きにあわせてデザインが動く。
この表情の出し方は

皮から生み出されたデザイン

と私は考えます。

最初の素材が何か、
その素材に技を施したらどうなるか

ガラスのデザインには皮のような動きはなく
静止した硬質なデザインといえます。

そのガラス紋様をでは別の素材にうつしたらどうなのか?
そのチャレンジが

ネクストプロジェクト

でした。

この続きはまた。