メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子~江戸切子は時代を超えた大切な贈り物~

東京オリンピックが決まってから

江戸とつくものの特集であったり、
東京の伝統工芸が見直されることが増えています。

江戸切子ありがたいです。

お客様も海外への贈り物にするときに
「made in Tokyo」
は、話の話題になると喜ばれるそうです。

そもそも
ガラス工芸は、海外への贈答品として、歴史的に用いられていたものであり、

戦国時代には織田信長にも
江戸時代にはペリーが来航の際に将軍へ献上しようとした(江戸の町にもっとすぐれたガラス工芸があったのを見て持ち帰ったという話ですが)
など、
現代ならオバマ大統領御一行様来日の贈り物にもなりました。

江戸切子(ガラス工芸)は大切な贈り物として
歴史的にも用いられていたということになります。

テクノロジーの発達した現代も
歴史的な過去も

時代を超えた
大切な贈り物として認識されているということですね。