メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子 番外編~カップ酒を江戸切子で飲んでみる~

こんにちは。江戸切子マスターKIRIKOです。

今日は「そもそも」番外編ということで、

 

カップ酒を江戸切子で飲んでみると味は異なるのか?

 

という実験を試してみます。

 

助手の江戸切子インストラクター中馬さんと一緒に実験します。

 

カップ酒。

お手軽です。

ぷしゅっと蓋をとると、すぐに飲めます。

IMG_0984

 

形状も素晴らしいです。

持ちやすい、飲みやすい。

 

ただ江戸切子マスターKIRIKOとしては

 

カップ酒をそのまま飲んでいいのか・・・悩みます。

 

やはり、ここは江戸切子だろう。自分で突っ込みます。

 

本日の江戸切子は形状が似ている

 

酒グラス。

IMG_0988

 

まずはカップ酒で。

IMG_0987

 

うんうん、うまいうまい。

カップ酒の形飲みやすいです。ぐいぐい飲めます。

IMG_0993

 

次は江戸切子で。

あ、味が違う。

もっとすっきりとしたさらに飲みやすい味わいに。

初心者だったら、こちらのほうが飲みやすい。

 

先にカップ酒を飲んだから味に違いが出たのか

という仮説ができたので

 

もう一度戻して

もう一度カップ酒を飲む。

 

やはり、味が違う。こちらのほうが濃い感じがする。

IMG_0995

 

手触りの違いも味に違いを出しているかもしれない。

 

同じお酒でも二度楽しめるということですね。