メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子 番外編 江戸切子は熱燗OKなんでしょうか?

店舗でお仕事をしてますと

 

非常に良く聞かれます。

 

「江戸切子は熱いもの大丈夫ですか?」

 

答えは

「だめです」。

 

なぜなら、もともと耐熱ガラスではないので

高熱には弱いです。

(最近は「耐熱ガラスの江戸切子」が売ってますがこちらはOKです)

 

熱湯を入れると、急激な温度変化に耐えられず、

ガラスにひび

が入る可能性が高いです。

 

が、実はこの写真、

IMG_0947

熱燗酒です。酒グラスを使ってます。

まったく問題ないです。

 

なぜなら

熱燗酒は人肌ぐらいのぬるめであれば

大丈夫だからです。

 

ガラスに湯気がほんわかと浮かぶ柔らかな美しさ癒されます。

ちなみにお気に入りは

 

仁井田本家 自然酒 燗誂(かんあつらえ)

熱燗じゃなくても美味しいです。熱燗でも美味しいです。

私が何度も購入してしまう数少ないお酒です。

 

ガラスがゆるやかに温かくなり、ふわふわとしたいい気持になる

熱燗酒。一度お試しいただければと思います。