メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

魯山人と赤い江戸切子

今回のそもそも江戸切子は

 

赤い江戸切子といえば魯山人というお話。

 

魯山人=美食家

 

(私の知識は美味しんぼですが)

 

ということで知られていますが

 

貧しかったころに

 

なけなしのお金で買った

 

赤い江戸切子に豆腐を入れてよく食べていた

 

というお話しがあります。

 

いってしまえば

 

器によって味が豪華にもなるよ

 

という言い伝えです。

 

以前のそもそもでも

 

カップ酒も切子に入れたら味が違うね

 

という内容でお送りしましたが

 

見た目で味に変化が起きます。

 

以前に、「世界のワインガイド」も出されている齊藤研一氏とお会いしたことがありまして

その際に

 

「絶対、ワインの一人者だから、ワインは透明のグラスでないと」

って言われるに違いない!とかなり、戦闘態勢でお会いしたのですが

 

先生は江戸切子のワイングラスで味わいながら

「このグラスは五感で楽しむというためのもので、透明のワイングラスとまた違う趣向でワインを楽しめます」

とおしゃってくださいました。

 

その瞬間、私の心の中では

先生、バンザイ!拍手ッ喝采で、一挙に味方宣言を勝手にさせていただきました。

 

魯山人の赤い江戸切子気分で

私も昼間から楽しんでみました💛

 

コスプレならぬ魯山人プレイってことで。魯山人ファンならぜひ赤い江戸切子を!

IMG_1184