メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子~江戸切子=飲むではなくぐいのみを「小さな器」として使ってみると世界が広がる~

こんにちは。

江戸切子マスターKIRIKOです。

 

ぐいのみ・・・日本では日本酒をいただくものといった見方、使い方が主流ですが

 

うちのファンの米国人の方がいらっしゃって

ごっそりぐいのみを購入して下さるので

 

「日本酒お好きですか?」と伺うと

 

「ワインかシャンパンだけです」

 

「?」

「このぐいのみたちは何に使うんですか?」

 

「オブジェと料理の器です」

これがその写真ですがすごく美しい食卓で、美術館のようです。

マークさん画像

 

その方にお会いしてから、

ぐいのみ=日本酒の器

ではないのだ!という認識を持つようになりました。

 

もちろん日本酒をいただく器としては本当にすばらしいです、ぐいのみ。

 

でも

 

ぐいのみって江戸切子の場合には繊細さが表現されるから

 

小さな美術品

 

なんですよね。

IMG_1581

自分だけが見ることのできる小さな世界。

 

そのお客様から伺って以来

KIRIKOも実は

毎朝江戸切子をテーマに

 

器としてぐいのみを用いてます。

こんな感じです。

IMG_1597

インスタグラムで毎朝アップ中です。(夜は日本酒版です)

 

日本人としての見方もいいけれども、

こうしてノーボーダーであるからこその見方が

 

さらに「面白さ」を表現できるのではないかということで引き続きチャレンジ中です。