メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子とは~江戸切子を一言で説明してみよう~

そもそも江戸切子第一回目は、やはり

 

「江戸切子を一言でいうと」ですね。

 

私がセミナーなどで説明するのは

 

江戸時代末期

 

江戸というエリアで、

 

江戸の紋様をカットしたガラス工芸

 

のことです。(一言じゃないですけど・・・)

 

つまり、江戸文化の中のガラス工芸ということです。

 

江戸時代はもちろん、今のグラインダーのカットではなく

石で外側をひたすら紋様の形に削っていた

 

ようで時間もかかっていたため高級品。

 

グラインダーというダイヤモンド製の硬い、動力で回転する機械を使うのは

明治政府のできた後。

 

産業革命により、海外では機械技術が向上、それを外国人(英国人)が伝え、今の江戸切子の制作スタイルが出来上がったといわれています。

IMG_0907

 

つまり、

ガラスをカットするという技は世界中同じということ。

です。

 

じゃあ、江戸切子の特有性ってなんだよ~と思いますよね。

それはこれから順番に説明しますね。

IMG_0811

 

で、最後にオチ的なお話しなんですけど、

 

私の仕事名前はKIRIKOなんですけど、

 

うちの親は私の本名をつけるときに

 

「硝子(しょうこ)」「切子(きりこ)」を一瞬悩んだらしいです・・・。

 

ちなみに、米国の方に「江戸切子」と言ったら

 

「人の名前?」と聞かれたことがあります。

 

Mrs Kiriko Edo・・・外国向け仕事ネームにしようかな。