メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子~江戸切子に新しい紋様ってあるの?~

そもそも江戸切子とは

新しい紋様ってなんだろう?

ということで、伝統的継承ではなくて、

 

あらたにつくった紋様

 

あります。

 

米つなぎ。

米つなぎ

 

洞爺湖サミット贈呈品をはじめ、海外からも購入にいらっしゃる唯一の紋様。

熊倉隆一(2代目)が考案しました。

 

「シンプルなカットで華やかさを表現したい」という思いのもと考案。

 

ひたすら同じ大きさの粒を繰り返していくデザインです。

 

これが作品になるとこうなります。

米つなぎワイングラス

 

でもね、実はこの「紋様」、

最初の名前が「ネット」だったんですよ。

 

冷凍ミカンなどが入れられてる、あの袋から命名されてました・・・。

うちの母(社長)が決めたんですけど、(すべての紋様は社長が決めてます)

 

「ネットでいいんじゃないの」

 

でも、あるとき、江戸切子の名前=カタカナじゃあねえ・・・

 

となり、「日本的=米粒」と思ったらしく「米つながってるから米つなぎ」と決め、

以来この名前になりました。

 

ネットだったら洞爺湖サミット選ばれなかっただろうなあ・・・。