メルマガ会員募集中!!

PROFILE

江戸切子マスターKIRIKO
江戸切子マスターKIRIKO

創業70年になる江戸切子工房を生業とする家族に生まれる。一時、家業から離れ社会科教師として仕事をしていたがふと家業は「自分しかできない仕事だ」と奮起しあっさり転職・・・のようなことを何回か続け「これで最後の出戻りだよ」といわれてからは10年、江戸切子道を追求しビジネスを展開。コラボ、スクール、酒倶楽部、酒蔵大学プロジェクトなど多数。

2016年春からはKIRIKOの「東京オリンピック前に知っておくとお得な江戸切子セミナー」も開催。こちらは随時ご案内しています。

マスターの使命は「江戸切子という技を用いて人々を幸せにすること」です。

RECENT ENTRIES

Edokiriko Master KIRIKO / 江戸切子マスターKIRIKO

そもそも江戸切子~江戸切子の工程をみてみよう その2~

江戸切子はここからはじまります。

これが素材ですが、一見すると

IMG_0973

 

葡萄色(紫)です。

でも、この中は「白い(透明)」のガラスになります。

白いガラスの上に色のガラスを被せています。

 

そのためこのガラスは「色被せガラス」(いろぎがらす)と呼ばれます。

 

この後は

この「割り出し」という機械を使います。

ここで

 縦線、横線を引きます。

こんな感じです。

IMG_0980

 

「方眼紙」のような役割ですね。

これが「下書き」になります。

 

出来上がりがこれ。

IMG_0981

 

これで「下書きは終了」です。

 

もうダイレクトにカットに入ります。

 

このことに驚かれる方が非常に多いです。

 

「カットのラインは下書きをなぞるのだと思っていた」という方が多いです。

 

うちの社長とか

「なぞるほうが難しいだろう」とよく話してます。

確かに、意識が「うまくなぞろう」になってしまうと、ラインのシャープさなくなるかもしれないです。

 

「リズムでカットするんだ」

とよく社長(父ですが))はいいます。

 

そんなカットのお話はまた次回。