モダンライン(米つなぎ) | 江戸切子の店 華硝 プレミアムカタログ

プレミアムカタログとは二代目熊倉隆一、三代目隆行の手がける華硝の世界観を表現した一点ものの作品です。より繊細で、よりやわらかさのある手の込んだシンプリシティを表現した作品をお楽しみいただけます。

米つなぎの紋様は華硝のオリジナル紋様です。米粒がつながっている様子を表現した規則的な紋様です。稲穂・米俵の紋様は古くからありますが、「米粒」のデザインはありません。日本では古来から「五穀豊穣」への祈り、特に稲の豊作を祈り、収穫に感謝する心がベースになっており、稲は「繁栄」の象徴として紋様にも描かれてきました。そこで、弊社では、「繁栄」の意味を込めて、究極のシンプルなカットで華硝独自の華やかさを表現したいと、2代目熊倉隆一が米粒そのものの形に見立てた斬新な紋様を考案しました。(1990年頃)

<次へ>

2008年には米つなぎのワイングラスが洞爺湖サミット贈呈品として用いられました。また国連の事務総長への贈答品にも、一国の首相への贈り物としても用いられております。連続した技のために、一度、席を外してしまうと、手加減が変わってしまうということで、この作品の制作の際には、高い集中力を持って、いっきに作品をつくりあげていきます。微妙に一つずつの粒の大きさを手の加減で変えています。それが美しく見える秘訣なのです。

<戻る>