江戸切子 江戸切子酒倶楽部 江戸切子で勉強中 -江戸切子の店 華硝-

HANASHYO’S PROJECT

江戸切子酒倶楽部

メルマガ会員募集中!!

HANASHYO’S PROJECT / 江戸切子酒倶楽部

華硝の江戸切子で国内外のお酒を楽しみます。

江戸切子で勉強中

こんにちは、スタッフの輿水です。

 

先日、本棚を整理していると懐かしい本が出てきたので読んでみると、

 

昔は引っかからなかった「赤酒」という単語が出てきたのですが、

 

赤酒って一体なんだろう、と思い調べてみると、

 

熊本県特産の赤褐色のお酒で、

 

醸造する過程で、強いアルカリ性の木灰をもろみに投入することにより腐敗を防ぎ、

 

火入れ殺菌を行わなくても保存性が良いのが特徴。

 

「灰持酒(あくもちざけ)」ともよばれる。

 

なるほど、想像力が足りないのでよく分からない。

 

というわけで、実際に呑んでみることにしました。

 

味はかなり甘く、独特の風味でトロッとした舌触りが印象的で、

 

慣れてないと呑みづらさを感じてしまうような、不思議な味でした。

 

現在ではお屠蘇や料理用に使われたりするもので、

 

物語の主人公が故郷の熊本で呑んでいたらしい赤酒なのですが、

 

物語の中の時代ではそういうものだったのかなと、勉強になりました。

 

「江戸切子酒倶楽部」の記事一覧 から過去の記事をご覧いただけます。