江戸切子 江戸切子酒倶楽部 日本ワインと江戸切子 -江戸切子の店 華硝-

HANASHYO’S PROJECT

江戸切子酒倶楽部

メルマガ会員募集中!!

HANASHYO’S PROJECT / 江戸切子酒倶楽部

華硝の江戸切子で国内外のお酒を楽しみます。

日本ワインと江戸切子

こんにちは工房スタッフの小島です。

 

日本のお酒の定番、日本酒が世界中で流行っていますが、

 

ワイン、最近はそればかり飲んでいます。

 

特に日本のワインに惹かれて、酒屋で飲んだ事のないものを買い、その異様な美味しさには何度も驚かされています。

 

私がお酒を飲み始めた当時は、日本のワインはそれほど種類が出回ってなかったという印象、

 

あるいは、あるけれどもフランスやイタリアのワインよりも薄いような、物足りないような、そんな印象でした。

 

現在、日本にはどのくらいのワイナリーが存在するのでしょうか、、、私はせいぜい100あるかないかかなと予想しておりましたが、

 

240もあるそうです。すごい。ワイナリーがですよ、酒蔵じゃなくて。どんどん増えてるそうです。

 

これは日本のワインが海外でも評価されている、という証でもあると思います。

 

そんな日本のワインに、最近、国税庁が新たなルールを作りました。

 

それは、日本で作られたブドウ100%じゃないと「日本ワイン」て表記しちゃいけませんよー、というルール

 

今までは「日本ワイン」という定義が明確にはなく、例えば海外のブドウを取り寄せて、そこに少し日本のブドウを混ぜて、ジャパニーズワインだ、という事もできた、というかやっていたそうですが、

 

それは今後「国産ワイン」と表記されるそうです。

 

これも理解してないと勘違いしてしまいそうですね。

 

(和牛と国産牛と輸入牛の違いみたいだ)

 

来年から施行されるそうです。

 

産地や品種、収穫年に関してのルールも改められ、

 

日本のワインを正確に認知できるようになり、

 

これによって、より美味しい日本のワインが選びやすくなれば、今後日本酒に負けず劣らずのブームになりそうな気がします。

 

 

写真は日本のブドウ100%のワインを作っているヒトミワイナリーさんの甘めのワイン。

 

色々な日本のワイナリーのホームページを見ていると時間を忘れて、気がついたら夜が明けていたりするので注意してください。

「江戸切子酒倶楽部」の記事一覧 から過去の記事をご覧いただけます。